LCCの登場でもっと気軽に海外に行ける生活に

これからLCCの記事も書いていこうと思いますが、最初にLCCへの凄さというか、特徴をお伝えします。

海外旅行は高い!というイメージじゃないでしょうか?

確かに、ちょっと前までは、海外リゾート行きます!というと、お金に余裕がある人のイメージ。
そして、一般家庭は行けたとしても、じっくり計画して数年に1回の大イベントでした。
例えば、セブ島に家族4人で行こうとすると、飛行機代だけで30万円ぐらい、ホテル代を入れると40万円は超えるのは当たり前でしたね。
一般人にとって、そんな海外リゾートは、お金持ちだけが行ける憧れの場所。

一部の賢い人は、うまくマイレージを貯めて、飛行機代を節約しての旅行に行っていますが、
でも、それも貯めれたマイレージ分だけに限ります。
クレジットカードの決済で貯めれるマイルは当然に有限ですし、大した量になりません。

LCCが海外旅行の常識を変えた!

しかし、ここ数年で状況が大きく動きました。

LCC(エルシーシー)の登場と、路線の拡大です。
LCCとは、格安航空会社のことです。海外のみならず国内のフライトを運行しています。

そして、今や、アジア圏内ならLCCで行けない場所は無いといってもいいほどです。

こちらは、私に先日届いたJetStarのメルマガの一部です。

すごくないですか?
安い時には、1人当たり往復1万円以下の値段です。

これなら、近場の温泉に行ったり、遊園地に行くぐらいの感覚です。

年に何回かあるビックセールの時なら、片道1人1000円以下というのもありました。

この値段なら、ちょっと隣町に買い出しに行く時の交通費レベルです。

LCCでもはや国境を意識せずに遊びに行ける!という時代がやってきています。

それも、年に1回だけではなく、何回もいけちゃうのです。

さらに、LCCは、海外はもとより、国内も運行しています。

沖縄や北海道に気軽に行ける。

味噌ラーメン食べたいから札幌へ!なんて生活が普通になる。

LCCを賢く活用する知識で気軽に海外リゾートへ

もちろん、LCCはいつでもこんなに格安というわけではありません。
繁忙期や、席が埋まってくると、一般航空会社とさほど変わらない価格になることもあります。

そして、一般航空会社とは予約やキャンセルのルールが違います。

大事なのは、LCCを賢く活用する知識です。

気軽に海外リゾートに行ける、国境を意識せずに遊びに行ける、そんな生活を実現する方法をこれから伝えて行きます!

多くの人が、かんたんに実践できる、そんな内容です。

関連情報:楽に国境を意識しない生活へ、無料旅行の方法
年間30万ANAマイル稼ぐ方法は時給千円、16万マイルなら時給1万円に

Have a nice trip!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする