1年間のマイルとポイントの獲得計画 その2

前回(その1)では、大量のマイルやポイント獲得のためのちょっとした努力をご紹介しました。

まとめると
1、活動に必要なサイトやマイレージクラブ会員に登録をする事。
2、日々の生活での買い方(=どのクレジットカードで支払うか、どこで買うか)を意識して使い分けること。
3、クレジットカードやFX等の新規申し込みを行い、キャンペーンに必要な条件をクリアーすること。
4、買い物は、安い&ポイントが貯まる、ECサイトで買うこと。
5、お得なキャンペーン案件(上記3)、お得なポイント祭り(上記4)の情報を、逃さずに入手すること。
と、なります。

今回は、これらによって、どれだけ貯まるのかのイメージを固めましょう。

前提条件)
クレジットカードで決済できるものは、ほとんどクレジットカード決済で行う一般家庭として説明します。

この家庭の年間の出費の内訳:
a)ネットショップの生活費:お米や調味料、お酒、トイレットペーパー等の腐らない日用品はネットショップで買います。月3万円、年間36万円になります。
b)実店舗での生活費:スーパーでの生鮮食品や病院、ガソリン代、外食費といった、実際の店舗で支払うものが月5万円。年間60万円になります。
c)公共料金/通信費:電気・ガス・水道といった公共料金、また携帯電話や保険料といった、毎月固定で発生する費用が月5万円。年間60万円になります。
d)家電/本/服等の毎月は発生しない費用:こういった毎月は発生しないけど、安く買えるところで買う、安い時期に買う、といったコントロールをして使うもの。年間44万円。
合計 200万円です。

■旧型の陸マイラー
・高還元率のクレジットカードへ、全ての決済を寄せて、マイルを貯める。
ANA系高還元率といえば、ANAゴールドワイドviasaカード。
工夫すればマイル還元率1.71%になります。
これで、年間200万円 × 1.71% = 34,200 マイル。

このマイルで何ができるかというと、国内線往復2回。
もしくは、近場のアジアの往復1回+国内線往復1回。といったところ。

国境を気にしない生活には程遠いです。

※年会費8万円のプラチナカードだと還元率2%ですが、年間200万円の決済にしては年会費高すぎですので除外します。
そして、還元率2%としても40,000マイルにしかなりません。

■グランジェッター流の貯め方
= 最新の陸マイラー術 & ポイント獲得最大化 & 安く買う方法 の組み合わせ

①大量のマイルプレゼントやポイントキャッシュバックのキャンペーンに参加する。

キャンペーンの達成には、新規カード入会&一定期間のクレジットカード決済利用といった条件が多いです。

ここで、計画的に年間200万円決済を、必要なクレジットカードで行います。
この時に、還元率は気にしません!
決済還元よりキャンペーン還元の方が圧倒的に稼げます。

また、c公共料金や通信費は、クレジットカードの変更が柔軟にできない場合もありますので、
それを除いた160万円が使える決済高となります。

カードA:30万円の決済で30,000マイル
カードB:30万円の決済で30,000マイル
カードC:100万円の決済で60,000マイル
計160万円の決済で120,000マイル

といったように、大量マイルの獲得が可能になります。
この時点で、旧型陸マイラーの稼ぎを大きく超えちゃいました。

なお、こういった大量に稼げるキャンペーンは、常時あるわけではなく、
タイミング良く、良い条件の時に参加することが大事です。
何せ、「新規入会」が条件になることが多いですから、大して良く無い条件で入ってしまうと、
その後に、本当に良い条件が出てきても参加できませんので!

それと、毎年継続的に稼げるの?と思うかもしれませんが、
山ほどクレジットカードの種類はありますので、
全部やりきるのに何年もかかりますし、
その間に新しいクレジットカードが続々登場しますので、ご安心を。

②ポイントサイト/自己アフィリエイトの案件を使って、マイルやポイントを稼ぐ。

こちらは、公式感が薄いのに、マイルやポイントが稼げるといったものなので、なかなか躊躇しがちです。
ですが、仕組みを理解すると、大手を振って参加すべきもの理解できるはずです。

ポイントサイトや、自己アフィリエイトで、具体的に何をするかというと、
そのポイントサイトや、自己アフィリエイトサイト経由にて、
クレジットカードの新規入会や、FXの新規入会、生命保険の見積もり、をする、といったものです。

一回の新規入会で数千マイルや数千円分のポイントになります。
たまにある大型の案件だと、数万マイルや数万円分のポイントになることだってあります。

新規入会や見積もりだけで、全くお金を使わなくても、大量のマイルやポイントがもらえることが実現できます。

タダなのに、大量にマイルやポイントがもらえる。
これが、公式感が薄い、ポイントサイトや、自己アフィリエイトサイトを通じてというやり方なので、
なんだか怪しいなあ・・・、と躊躇してしまう理由なのですが、ここにはカラクリがあります。

こういった、商品の提供会社は、あえて、このカラクリを行なっているのです。
クレジットカードやFX、生命保険といった商品は、一度お客さんになったら、普通はなかなか解約しません。
つまり、お客さんを捕まえたら、儲かる商品なのです。
だから、お客さんになってもらうのに、とても多くの広告費を使います。
そして、クレジットカードやFX、生命保険といった商品は、なかなか差別化が難しいのと、競合が激しいので、さらに広告費が大きくなります。
そこで、テレビCMや、インターネット広告といったところに広告費を沢山使っていたのですが、
それだけだと競争に勝てないため、「お客さんに還元する広告費」を行うようになりました。
それが、ポイントサイトや自己アフィリエイトサイトです。

つまり、企業側が、
ポイントサイトやアフィリエイトプロバイダーへ、
そのサイトを通じて申し込みが1件あると、
テレビCMやインターネット広告でお客さんを1人獲得する際に今まで払っていたお金を払います。
そして、ポイントサイトやアフィリエイトプロバイダーは、
そのお金を、自分のサイトを通じて申し込んでくれたお客さんへ、マイルやポイントといった形で還元しているのです。

店頭でクレジットカード申し込みをしていた人なんかは、とっても損をしてると思いませんか?
だって、その店頭で呼びかけしたり、申し込みの受付をする人がいますよね。
この人のお給料はどこから出てますか?
それは、企業が払う、申し込みしたお客さんん数 × 広告費としての報酬です。

保険の窓口や営業の方のお給料はどこから出ていますか?
これも同じです。企業が払う成功報酬という広告費から出ているのです。

それを、ポイントサイトや、自己アフィリエイトサイトから申し込めば、自分に還元されるのです。

これは、上で紹介した商品だけではなく、今や多くの商品がその仕組みに乗っかっています。
有名どころでは、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなども、この仕組みに乗っかっています。
ですので、今まで気が付かずに、こういったインターネットショッピングサイトで「直接」買い物していた方は、
気が付かずにずっと損をしてきたのです。

さて、このお得なポイントサイトと自己アフィリエイトですが、
ポイントサイトの代表格はハピタス、自己アフィリエイトの代表格はA8になります。

企業の広告費の出し方は、
個別のポイントサイトや自己アフィリエイトサイトへ払う報酬が変わったり、
また時期によっても払う報酬が変わりますので、
案件によって、ポイントサイトや自己アフィリエイトのサイトを変えたり、
タイミングよく、案件をこなしていく必要があります。

また、数百マイルや、数百円分にしかならない案件は、疲れるだけですので、
効率の良い案件だけを実施するようにします。

その上で、あんまり頑張らずに楽に稼ぐイメージで計算すると、
・ポイントサイトで案件を月に1回実施 × 1回当たり 平均5,000マイル = 年間 60,000マイル
・自己アフィリエイトで案件を月に1回実施 × 1回当たり 平均5,000円 = 年間 60,000円相当
という稼ぎになります。

もちろん、もっと細かい案件も行えば、もっと稼ぐことも可能です。

ハピタスの申し込みページはこちら

A8.netの申し込みページはこちら

(A8登録後にメニュー右上にある、「セルフバック」から自己アフィリエイト専用サイトへ行けます。)

③ネットショップ(EC)でお得に買う。
これには3つの意味があります。

実際の店舗で買うことよりも、
1つ目:ネットショップで買うとポイント還元がある。
2つ目:ネットショップで買うと時間の節約や、重い物を自宅に運んでくれる。
3つ目:ネットショップの方が安く売っている。

1つ目のポイント還元。これはご存知ですよね。
一番有名なのは楽天ポイント。
じゃあ、一番有名なところが良いかというと、実は状況が大きく変わってきています。
ネットショップも激戦区。ここでも広告費を積んででもお客さんを獲得したいという競争が激しくなっているのです。

ネットショップの大手3社は、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング。
各社がどういう戦略でいるかというと、
Amazonは、自前で物流網を整備していて(= ここにお金をかけていて)、早く届くということを売りにしています。
楽天は、楽天ポイントを還元して(= ここにお金をかけていて)、安く買えるということを売りにしています。
Yahoo!ショッピングは、Tポイントを還元して(ここに=お金をかけていて)、安く買えるということを売りにしています。
つまり、急ぎの時はAmazonですが、計画的に安く買うなら楽天とYahoo!ショッピングといことになります。

というのが、今までの話。ここから環境が一変します!!

ヤフーが本気出しました。孫さんがEC革命ということを言い出したのです。
やったことは2つ。
1つは、Yahoo!ショッピングに出店する方の手数料をタダにしました。つまり、その分、各お店はお客さんへ安く商品を提供できます。
もう1つは、Yahoo!プレミアム会員に入れば、Tポイントが大量に還元されるようになりました。
これにより、楽天よりも、Yahoo!ショッピングの方が、遥かにお得になっているのです。

ということで、ポイント還元はYahoo!ショッピングがオススメ。
もちろんお店や商品によって、楽天やAmazonの方が安いことがもたまにありますが、
ポイント祭りの時に計画的に買うと、圧倒的に安くなります。

あ、、、圧倒的というのは、ポイントで20%還元や、30%還元のことです。
普通の店で買うよりも、それだけ安いということです。

2つ目の時間の節約や、重い物を自宅に運んでくれること。
重い物を自宅に運んでくれるのは、そもそもネットショップですから配送なのでそうでしょう。
ただ、課題なのは、発注しても届くのが3日後だったり、配送費がかかることだと思います。

こちらも、環境が変わっています。
ヤフーが本気出しました。
Amazonのような自前で物流網を整備しているアスクル社がヤフーとくっついて、
LOHACOという水、米、調味料、洗剤等の日用品をすぐに配送してくれる新サービスをはじめました。
しかも、商品が安い。そしてYahoo!プレミアム会員なら、Yポイントが大量に還元。
最強LOHACOの誕生です。
今や、日用品以外にも、無印良品やファッションも手広く扱うようになりました。
今後もどんどん広がっていくことが予想されます。

送料も、1900円以上購入すれば無料。
うちは、水・ティッシュ・洗剤・米などの日用品はほぼ全てLOHACOで買ってます。
だって、重いし。
それに既に研究済みなので、物によってはポイント還元無しでも近くのスーパーよりも安い、
ポイント還元入れればスーパーの特売よりも、どれもこれも安いことがわかってますから。

さらに、過去に買った物が履歴に残ってますので、
不足しているものを、ポチポチと押して、送料無料の金額を超えたら発注。
楽チンです。
買い物に行く時間が節約できます。
その分、陸マイラーとして案件こなせます。
とにかく言いたいことは、LOHACO&Yahoo!プレミアム会員のコンボは最強。

3つ目のネットショップが安いですが、これも②のポイントサイトや自己アフィリエイトサイトと仕組みは同じです。
店舗の費用や、販売員の人件費がかかりませんので、その分安く提供できます。
そして、アウトレットや、入会時の時のみの特売を駆使すると、市価の半額近くで買えることだってあるのです。
これは、商品によって違うので、追い追い具体的に紹介していきます。

さて、長くなりましたが、ネットショップで買うことを具体的に数字にします。

出費のうち、対象になるのは、
a)ネットショップの生活費:月3万円、年間36万円になります。
d)家電/本/服等の毎月は発生しない費用:安く買えるところで買う、安い時期に買う、といったコントロールをして使うもの。年間44万円。
の2つです。

a:36万円 × 平均20%還元 = 72,000円分のポイント還元
b:44万円 × 平均20%値引き & 値引き後の35.2万円 × 平均20%還元 = 88,000円分節約 + 70,400円分のポイント還元
合計 23万円分お得になります。

④携帯会社の見直し。
節約術ですが、効果があまりにも大きいので、併せて紹介したいと思います。
出費のc)公共料金/通信費の部分です。

携帯は必需品。絶対に発生する費用です。
昔はガラケーで、大して電話をしなければ通信費も月に2千円で収まっていました。
これが、スマホやiPhoneといったデータ通信がメインの利用になってきてからは、
大して電話をしなくても、月に8千円を超えるような金額になってきています。

ここで損をしてるのは誰でしょう?
DocomoやAU、SoftBankに長年加入してきていていて長期割が効いている方、
さらには、家族全員でもっとお得になるからと、一家でDocomoやAU、SoftBankに入っている方。
こんな方が損しちゃってます。
夫・妻・子供の3人家族だとして、月間の携帯代金はいくらでしょう?
電話はほぼ使ってない場合でも、普通クラスのスマホの割賦込みで月に2万円を超えますよね。
全員、最新のiPhoneを使った場合は、月に3万円を超えるケースも出てきます。
最新iPhoneのケースとして、年間だと36万円超。2年間で72万円超です。

さて、これを、MVNO(格安携帯通信会社)に変えます。
まず、月間の利用料。我が家の場合、電話代込みで3回線で平均6千円。
年間7.2万円。2年間で14.4万円です。
そして、最新iPhoneのSIMフリー 容量大きめのもので12万円。これを3台。計36万円です。
合わせて、2年間で50.4万円になります。

DocomoやAU、SoftBankに比べて、2年間で22万円程度お得になる想定です。
1年間だと11万円のお得。

さて、これらを合計します。

①大量のマイルプレゼントやポイントキャッシュバックのキャンペーンに参加する。
 → 年間 12万マイル

②ポイントサイト/自己アフィリエイトの案件を使って、マイルやポイントを稼ぐ。
 → 年間 6万マイル + 6万円分のポイント

③ネットショップ(EC)でお得に買う。
 → 年間 23万円分お得 (&時間の節約 &重いものを運んでくれる)

④携帯会社の見直し。
 → 年間 11万円分お得

合計:18万マイル + 40万円分お得

旧型の陸マイラーは、3.4万マイルしか稼げていませんでした。
比べるまでもなく、グランジェッター流の圧勝です。

これだけのマイルとお金の余裕ができると、国境を意識しない生活の実現のイメージがつくのではないでしょうか。

そして、ここにさらに、マイル&LCCの活用術が加わることで、
この18万マイルと40万円の価値が大きく膨らみます。

お得なツアー料金で換算した年間100万円を超えるような旅行が、上記で稼いだ分で実現可能になります。

さて、これでマイルを稼ぐ、ポイントを稼ぐ、というイメージがつけば幸いです。

関連情報:楽に国境を意識しない生活へ、無料旅行の方法
年間30万ANAマイル稼ぐ方法は時給千円、16万マイルなら時給1万円に

Have a nice trip !!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする