ANA VISA/マスターキャンペーン2016夏-2017春版 最大13万マイル

本キャンペーンは、複数枚発行の場合、最大マイル数13.4万ANAマイルにもなります。
やることは、クレカ発行、キャンペーンエントリー、必要額を普段のお買い物で使うこと。
クレカ発行とキャンペーンエントリーで掛かる時間は1時間程度ですから、時給換算10万円を超えてしまう超お得な状態です。
2016年夏-2017年春版キャンペーンの最新情報を記載します。

#電話で確認しましたが、「過去にANA VISA/マスターカードを持っていても、キャンペーン開始時に持っていなければキャンペーン対象になる」とのこと!!過去の解約者もウェルカム。

ANA VISA/マスター 2016年夏-2017年春版キャンペーン 公式サイトはこちら。

今回のキャンペーンの読み解きと乗っかり方

この大型キャンペーンは、複数の子キャンペーンが重なる構造になり、ご自身が達成可能な範囲で参加可能になっています。
そして、ANA VISA/マスターカードは複数の種類があり、重複保有が可能です。そしてそれぞれのカード毎に条件を達成すればマイル獲得となります。
そのため、人によって取り組み方が異なり、説明が長くなるので、先にモデルケース別の早見表を書きます。ご参考に。

モデルケース別の早見表

まずはモデルケース別に早見表を記載します。
独身or家族持ちと、カード決済額で表を分けています。
会社の経費をカードで支払うようなことがある方は、こういう時はとってもラッキーですね。

※2017年1月16日に3つの子キャンペーンが追加されて、計8個の子キャンペーンになりました。
3つの子キャンペーンについては下記の計算に含めていませんが、一般カードで最大5,800マイルが加算されます。

独身一人暮らしの方の場合

カード決済が50万円

モデルケース発行カード獲得マイル数年会費決済額
初めての方一般カード1枚
(+銀聯1枚)
33,500マイル6,480円50万円
おすすめ一般カード4枚
(+銀聯1枚)
51,600マイル25,920円20万円

半年間のカード決済が200万円

モデルケース発行カード獲得マイル数年会費決済額
初めての方一般カード1枚
(+銀聯1枚)
33,500マイル6,480円50万円
おすすめ一般カード4枚
(+銀聯1枚)
119,000マイル25,920円200万円

家族持ちの方の場合

半年間のカード決済が50万円

モデルケース発行カード獲得マイル数年会費決済額
初めての方一般カード1枚
(+銀聯1枚)
(+家族1枚)
38,500マイル6,993円50万円
おすすめ一般カード4枚
(+銀聯1枚)
(+家族3枚)
66,600マイル27,459円20万円

半年間のカード決済が200万円

モデルケース発行カード獲得マイル数年会費決済額
初めての方一般カード1枚
(+銀聯1枚)
(+家族1枚)
38,500マイル6,993円50万円
おすすめ一般カード4枚
(+銀聯1枚)
(+家族3枚)
134,000マイル27,459円200万円

いずれも、キャンペーン陸マイラーが初めての方は、無理せずにカード1枚発行をして感覚やリズムを掴むこと。
すでに経験している方、最初からしっかりマイルを稼ぎたいという方は、4枚発行がオススメです。

1種類のみ申し込むか、複数種類を申し込むか

ANA VISA/マスターカードは4つの種類があり、重複保有が可能です。
逆に、同じ種類の場合は、グレードが異なっても重複保有ができません。
公式ページだとこの違いがわかりづらいので、どれが同じ種類なのかをまとめて記載します。

種類A:VISA

ANA VISA 一般カード
ANA VISA ワイドゴールドカード
ANA VISA プラチナプレミアムカード

種類B:マスターカード

ANA マスター 一般カード
ANA マスター ワイドゴールドカード

種類C:TOKYU ClubQ

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード *一般グレードのみ

種類D:SUICA

ANA VISA SUICAカード *一般グレードのみ

始めての方は、複数枚保有には抵抗があるかもしれません。長期間のキャンペーンですので、まずは1枚から申込をして、感覚やリズムを掴むと良いでしょう。

そして、経験者の方や、しっかりマイルを貯めたい方は、4種類とも申し込むのがオススメです。
なぜなら、今回のキャンペーンでは、この4種類の全ての一般グレードは、初年度の年会費が無料です。ということは、もし決済額がキャンペーン条件に足りなくとも、全く費用はかかりません。
また、複数枚申し込んだ場合、それぞれのANAマイルは、ANAサイト上で合算が可能ですので、まとめてマイルを管理し使うことができます。

独身一人暮らしor家族持ち

独身一人暮らしの方は読み飛ばしてください。それでも十分にお得なのでご安心を。

家族持ちの方、ラッキーですよ!
家族カード1枚発行すればマイルがプラスされます。
一般カードですら、家族カードの発行で5,000マイルになります。
家族カードの年会費も、一般カードなら今ならキャンペーンで1枚当たり513円です。家族持ちの方は迷わず発行ですね。
なお、上で説明した4種類のうち、ANA VISA SUICAは家族カードが発行できませんのでご注意を。他の3種類は全て発行できます。

ここで応用技ですが、家族カードも、種類毎に複数持ちできます。
例えば、夫婦でそれぞれ4種類のカードを発行し、さらにはSUICAを除いた3種類の家族カードをそれぞれに発行することも可能です。
この場合は、夫婦でお得キャンペーンに8倍乗ることになります。

半年間のカード決済額の見通し

最大マイルを得るためには、各カード毎(種類毎)に50万円の決済が必要です。
カードの申込者(=本会員)と、そのカードに紐づいた家族カードの決済は合算されますので、
例えば、夫がANA VISA 一般カードを申し込み(=本会員)、妻に家族カードを発行した場合、この2つのカードの合算で50万円達成すれば良いです。
逆に、夫がさらにANA マスター 一般カードを申し込んだ場合は、VISAで50万円、マスターで50万円と、それぞれ達成が必要になります。

クレジットカードの決済額は、生活上のかなりの支払いをカード払いに寄せた時に、独身の方で年間100万円、家族持ちの方で年間200万円が目安になります。
もちろん、いくらお得といっても、無駄な出費は控えるべきですので、普段の生活費の支払いをカードキャンペーンに寄せることが大切です。
となると、一般人からすると、半年間で50万円というのは、独身だとカード1枚が限度、家族持ちだとカード2枚が限度という皮算用になります。

カード4枚で最大マイルを得るには、200万円(50万円×4)が必要です。
ではカード4枚を発行する方は、リッチな家庭だったり、会社の立替払いが多い方、引っ越しなどで大きな買い物が控えている方に限定されるかというと、そうではありません。

今回のキャンペーンで最大マイルを得るには50万円のカード決済額が必要ですが、
決済額が大きくない方向けに、獲得マイル数は減りますが、5万円決済でもキャンペーン達成となる条件になっています。

この決済額に関する子キャンペーンでもらえるマイル換算数は、
一般グレードのカードで、5万円で5,000マイル、50万円で16,000マイルとなります。
11,000マイルの減額は大きいですが、それでも、他の子キャンペーンと合わせて多額の獲得マイルとなるキャンペーンですから、
あえて、4枚のカードでそれぞれ5万円決済をクリアーする作戦も成り立ちます。
また、運良く、会社の立替払いや、友人との飲み会やパーティの幹事で一括支払いがあると一気に50万円決済が達成してしまうかもしませんよ。

また応用技ですが、このカード決済額の期限は、「ご入会月を含む6ヶ月間」となっていますので、4枚発行の方は、一度に4枚カード申し込みをするのではなく、月をずらして申し込みをすると、達成の可能性が上がるかもしれません。

どのグレードのカードを申し込むか?

キャンペーン陸マイラーとしては、
ゴールドカードの特典狙いという方以外は、一般グレードを申し込む、がオススメです。

今回のキャンペーンは、稼げるマイル数が大きいので一般カード申込でも有料6,000円の10マイルコースに加入することになります。
それでも、一般カード+10マイルコースの費用より、ゴールドカードの費用が高い。もちろんプラチナはもっと高い。
さらに、一般カードは初年度年会費無料。さらに、10マイルコースは最初から入ることは必須ではなく、ANAマイルにクレカポイントを変換するまでに入れば良いです。つまり、心変わりしても安心。
この場合、入会時に5マイルコース(無料)を選択しますが、手動マイル変換で申し込むようにしましょう。あと、注意事項としてクレカポイントの有効期限は1年間ですので、放置して無くさないように。

ガチな上級陸マイラー向けのコースは無いの?

面倒な作業が多々ありますが、もちろん上級陸マイラー向けの技を使って、さらにマイル数を伸ばすことは可能です。
年間30万ANAマイルを狙うガチな上級陸マイラーは、何より目標達成が重要ですから、別記事で詳しく書くようにします。
今回は先に触りだけ記載。

必須対応
・別のクレジットカードのソラチカカードの発行が大前提
・ポイントサイトと中継サイトに個人情報の登録が必要
・(毎月)忘れずに、中継サイトでポイントを交換する作業が発生

得られるもの
・4枚カード発行の場合、合計で+1万マイル程度増える。
ただし、全てのマイル付与までにはカード申し込みから13ヶ月後の見通し。

ANA VISA/マスターキャンペーン 2016年夏-2017年春版 詳細条件

では、キャンペーンそのものについて説明してきます。

キャンペーンの期間

2016年6月1日から2017年4月30日までに、クレジットカードの新規入会が対象です。
ここが不明瞭でしたので、電話にて確認したところ、この新規入会日というのは、「クレジットカードを発行した日」とのこと。
webで申し込むと、メールアドレスの登録がありますので、審査が終わり、クレジットカードが無事発行となると、ご案内のメールがでます。このご案内メールがあった日が新規入会日になります。
また、届いたクレジットカードに同封されている紙にも、入会日の記載があるのでそこで確認可能です。

また、長いキャンペーンですので、便宜上4つの入会期間に分かれています。それぞれキャンペーンで得られるクレカポイントの付与時期が異なります。

<子キャンペーン1〜6の期間>
入会期間1:2016年6月1日〜8月31日
→ポイント付与 2017年3月下旬

入会期間2:2016年9月1日〜11月30日
→ポイント付与 2017年6月下旬

入会期間3:2016年12月1日〜2017年2月28日
→ポイント付与 2017年9月下旬

入会期間4:2017年3月1日〜4月30日
→ポイント付与 2017年12月下旬

※1月16日に追加になった子キャンペーン6,7,8は後述しますが、4月30日までに対応完了すれば上記と同様に対象となります。

また、子キャンペーンの決済額を達成する期限は、入会月を含む半年間です。これはクレジットカードキャンペーンとしては随分長いです。短いところだと1ヶ月間だけですから。
反面、入会からポイント付与までの期間が長いのも特徴です。これはトレードオフとして割り切りですね。

キャンペーンの構造

大きく8つの子キャンペーンに分かれています。
※2017年1月16日に3つの子キャンペーンが追加されて、計8個の子キャンペーンになりました。

最大マイルの前提

一般カードは、クレカポイント「ワールドプレゼントポイント」1に対して5マイルが初期設定ですが、有料6,000円(税抜)の10マイルコースに登録することで、1ポイントを10マイルに交換することができます。この有料コースに加入することが最大マイルの大前提になります。
ただし、ゴールドは年会費に10マイルコースを含みます。プラチナは15マイルとなります。

また、先に述べた通り、一般カードは10マイルコースに後付けで入れます。複数枚発行の場合は、最初から10マイルコースにせずとも、5マイル手動交換を選択することで、決済額未達のリスクを軽減することが可能です。

キャンペーン1:入会

カード入会で最大10,000マイル (通常の入会マイルです)

条件:
・新規入会すること

グレードでもらえるマイル数が異なります。
一般 1,000マイル
ゴールド 2,000マイル
プラチナ 10,000マイル

キャンペーン2:リボ払い

リボ払いで最大24,000マイル相当のクレカポイント

条件:
・「マイ・ペイすりぼ」に登録をする
・「マイ・ペイすりぼ」をポイント付与時まで解約していないこと
・クレジットカード決済にてリボ払いをする(マイ・ペイすりぼを使う)
・カードの会員サイトのVpassから、キャンペーン参加登録をする

こちらは、グレードと利用金額によってもらえるクレカポイントが異なります。

5万円以上〜50万円未満
・一般 5,000マイル相当のクレカポイント
・ゴールド 5,000マイル相当のクレカポイント
・プラチナ 7,500マイル相当のクレカポイント

50万円以上
・一般 16,000マイル相当のクレカポイント
・ゴールド 16,000マイル相当のクレカポイント
・プラチナ 24,000マイル相当のクレカポイント

なお、こちらの子キャンペーンの決済額は、子キャンペーン3、4、5と兼ねることができます。

繰り返しますが、エントリー制のキャンペーンです。会員サイトのVpassから参加登録できます。忘れないようにしましょう。

キャンペーン3:家族カード

家族カード発行と決済利用で最大7,500マイル相当のクレカポイント

条件:
・家族カードを発行する
・家族カードをポイント付与時まで解約していないこと
・家族カードで3万円以上(税込)を決済する
・カードの会員サイトのVpassから、キャンペーン参加登録をする

こちらも、グレードによってもらえるクレカポイントが異なります。
・一般 5,000マイル相当のクレカポイント
・ゴールド 5,000マイル相当のクレカポイント
・プラチナ 7,500マイル相当のクレカポイント

またもや繰り返しますが、エントリー制のキャンペーンです。会員サイトのVpassから参加登録できます。忘れないようにしましょう。

キャンペーン4:iDを使う

iD入会と決済利用で最大7,500マイル相当のクレカポイント

条件:
・iD入会をする
・iDで3万円以上(税込)を決済する
・カードの会員サイトのVpassから、キャンペーンエントリーをする

TOKYU ClubQと、SUICA以外は、発行クレジットカードにiDがついていますので、そもそも入会した扱いになります。TOKYU ClubQとSUICAは、おさいふ携帯でiD利用登録するか、個別に依頼すればiD専用カードがもらえますので、そちらを活用しましょう。

こちらも、グレードによってもらえるクレカポイントが異なります。
・一般 5,000マイル相当のクレカポイント
・ゴールド 5,000マイル相当のクレカポイント
・プラチナ 7,500マイル相当のクレカポイント

何度も繰り返しますが、エントリー制のキャンペーンです。会員サイトのVpassから参加登録できます。忘れないようにしましょう。

キャンペーン5:銀聯カード

銀聯カード入会と決済利用で最大7,500マイル相当のクレカポイント

条件:
・ANA 銀聯カードの発行
・ANA 銀聯カードで3万円以上(税込)を決済する
・カードの会員サイトのVpassから、キャンペーンエントリーをする

複数種類のANAカードを申し込んでも、ANA 銀聯カードが発行できるのは1枚のみです。

こちらも、グレードによってもらえるクレカポイントが異なります。
・一般 5,000マイル相当のクレカポイント
・ゴールド 5,000マイル相当のクレカポイント
・プラチナ 7,500マイル相当のクレカポイント

またまた繰り返しますが、エントリー制のキャンペーンです。会員サイトのVpassから参加登録できます。忘れないようにしましょう。

追加キャンペーン6:入会マイル2

入会+参加登録で最大5,000マイルプレゼント

条件:
・新規入会すること
・カードの会員サイトのVpassから、キャンペーン参加登録をする

期間:
キャンペーン1〜6とは異なります。
入会期間 2017年1月16日〜4月30日
参加登録期間 2017年1月16日〜5月31日
付与時期 2017年8月下旬

グレードによってもらえるクレカポイントが異なります。
・一般 本会員カード500マイル、家族カード300マイル
・ゴールド 本会員カード2,500マイル、家族カード500マイル
・プラチナ 本会員カード5,000マイル、家族カード500マイル

こちらもエントリー制のキャンペーンです。

追加キャンペーン7:搭乗ボーナスマイル

搭乗+参加登録で最大2,000マイルプレゼント

条件:
・チケットを買ってANAに乗る
・カードの会員サイトのVpassから、キャンペーン参加登録をする

期間:
キャンペーン1〜6とは異なります。
入会期間 2017年1月16日〜4月30日
参加登録期間 2017年1月16日〜5月31日
付与時期 2017年8月下旬

搭乗便によってもらえるマイルが異なります。
・国内線搭乗 500マイル
・国際線搭乗 1500マイル

なお、何度搭乗しても、もらえるのは一回です。
また、本会員と家族会員(家族カード)が搭乗した場合、それぞれこのマイルがもらえます。

そして、こちらもエントリー制のキャンペーンです。

追加キャンペーン8:加盟店利用

ANAカードマイルプラス加盟店利用で最大3,000マイルプレゼント

条件:
・ANAカードマイルプラス加盟店でお買い物、最低10,000円以上。

期間:
キャンペーン1〜6とは異なります。
入会期間 2017年1月16日〜4月30日
参加登録期間 2017年1月16日〜5月31日
付与時期 2017年8月下旬

決済額によってもらえるマイルが異なります。
・1万円〜5万円 500マイル
・5万円以上 3,000マイル

主要な加盟店とは、ANA公式ページでの航空券購入、ファミマ、セブンイレブン、イトーヨーカドー、出光、ENEOSといったリアル店舗に加えて、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、楽天といったネットショップもあります。

こちらもエントリー制のキャンペーンです。

最後に

そして、最後に大事なことです。
このキャンペーン2とキャンペーン3,4,5,8の利用額は重複しますので、50万円の利用で全てのキャンペーンを満たすことが可能です。
加えて、50万円の利用に達成せずとも、5万円の利用ですら十分にお得です。

これだけの大型キャンペーン、なかなか無いです。
さらに複数枚発行が可能であり、キャンペーン期間前であれば過去にカード発行していた人も対象となります。

さらには追加で3つの子キャンペーンを追加してくるとは、ANAとカード発行元の三井住友カードの本気が見られましたね。

この別格キャンペーンにしっかり参加して、高額マイルをゲットしましょう!

関連情報

無料旅行の方法

海外旅行が実質0円、無料旅行の実現方法

時給1万円以上の効率で毎年16万マイル、キャンペーン陸マイラーの技

楽チンに大量マイルを貯める

最新キャンペーンリスト
【定期更新】ANAマイル獲得のクレジットカードキャンペーン一覧

ANAマイルが貯まるクレジットカードとキャンペーン

ANA VISA/マスターキャンペーン2016夏-2017春版 最大13万マイル
ANA アメックス&ゴールド 2016年冬-2017年春版 34500マイル
ANAダイナースカードキャンペーン2016年冬-2017年春版 39,000マイル
ANA JCBカードキャンペーン 2016年秋冬版 61,756ANAマイル獲得
ソラチカカードキャンペーン 2016年秋冬版 37,756ANAマイル獲得
ソラチカカードはJCBカードと同時保有がおすすめ

Have a nice trip !!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする