時給1万円以上の効率で16万ANAマイル、キャンペーン陸マイラー術

あまりにも大量のマイルをためるような、真性陸マイラー生活は大変です。
そんなに大量のマイルを貯めても、結局使いきれるわけではありません。だって、休める日数って限度がありますよね。
楽々に、必要なマイル数を貯める、キャンペーン陸マイラーで、年間16万マイルを目指しましょう。16万マイルだって使うのは結構大変ですよ。

楽な活動でも年間16万ANAマイルを貯められる

陸マイラーを突き詰めようとすればするほど、めんどくさい!の壁にぶち当たります。
その壁を越えれば、年間30万マイル獲得!といった道が開けますが、
やれ、ポイントサイトの登録や、どれがお得なのかを計算して申し込むといった、結構な手間がかかるのです。

そこで今回は、時給換算1万円以上でANAマイルを大量に楽に貯める技に絞ってご紹介します。
これら全て実行すると、それでも年間16万ANAマイルがを入手可能です。
1ANAマイル=1.5円換算で計算しますと、16万ANAマイル=24万円相当。
時給換算1万円以上ということは、1年間に必要な時間は24時間以内、つまりは月間2時間以内となります。
これぐらいなら、誰でもできる!と言えそうですね。
そして16万マイルとは、ハワイなら4往復分、近場のアジアなら8往復分に相当します。
気軽に海外にぷらっと行きたーいと思っているぐらいの方でしたら、十分な量だと思いませんか?

ANA系のクレジットカードを新規発行して、クレジットカード会社のキャンペーンをこなす

さて、楽ちんにANAマイルを稼ぐ方法です。
一見怪しげなポイントサイトは使いません。

クレジットカード会社が顧客獲得競争の為に、
時折大量ANAマイルの獲得になる新規入会キャンペーンを実施しているので、
タイミングよくそのキャンペーンに乗っかるために新規クレジットカードを作る、です。

よく、最強のANAクレジットカードは?というような記事を目にすることがありますが、それは旧型陸マイラーのやり方です。
決済高で貯める方法より、キャンペーンで貯める方が圧倒的に多くのマイルを貯めることができるのです。

また、ANA系のクレジットカードは、複数保有することができます。
厳密にいうと、同一の発行元のANAクレジットカードでなければ、複数種のANAクレジットカードを発行し、保有し続けることができます。

では具体的に、クレジットカード名と、目安となる獲得マイル数を書いて行きます。

JCB系ANAクレジットカード

・ANA JCB ワイドゴールドカード、 獲得目安6万マイル
・ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)、 獲得目安3万ANAマイル

JCBのANAマイレージカードは4種類あります。プラチナ、ワイドゴールド、ワイド一般、一般。
このうち、プラチナは年会費8万円とお高すぎますので除外。
ワイド一般とワイドゴールドの獲得マイル数が大きく違いますので、ここはワイドゴールド一択です。

また、JCBは特殊なのですが、ソラチカカードは同じJCBでも重複可能です。
ただし、キャンペーン期間が重複していることが多いので、順にこなしていくといいでしょう。

・ANA JCBカードキャンペーン 2016年秋冬版 61,756ANAマイル獲得
・ソラチカカードキャンペーン 2016年秋冬版 37,756ANAマイル獲得

三井住友系(Visa/Master) ANAクレジットカード

・ANA ワイドゴールドカード(Visa) 獲得目安3万ANAマイル
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(Master) 獲得目安3万ANAマイル

三井住友クレジットカードが発行するVisaもしくはMasterブランドのANAカードです。
Visaは、一般、一般ワイド、ワイドゴールド、プラチナの4種類。
キャンペーンだけを狙うなら、会員費が安い一般や一般ワイドという選択肢もありますが、
補償内容や決済マイル(1.5%)を考えるとワイドゴールドが良いと思います。

また、同じ三井住友系でも、ブランドを変えれば複数保有できますので、
併せて、マスターカードも持ってしまいましょう。

アメックス系 ANAクレジットカード

・ANA アメックスゴールド(American express) 獲得目安4万〜11万ANAマイル

アメックスの入会キャンペーンも、ANA陸マイラーとしては定番となっています。
そして、毎年、新しいキャンペーン条件を提示されるのと、またそのキャンペーンが大型になりやすいのが特徴です。
その分ハードルも高く、先日まで最大11万マイルのキャンペーンを実施していたのですが、決済条件が300万円近くとなるものでした。
他のカードが終わってから、計画的に挑むものになります。しっかり計画して達成すれば見返りは大きいですよ!

ダイナースカード

・ANA ダイナースカード(Diners Club) 獲得目安4万ANAマイル

最後にダイナースカード。一般のダイナースカードが、一般ブランドでのゴールドカードの扱いです。
例年、そこまで大きなキャンペーンになることがないですが、決済条件のハードルが高いことも多いので、
他のカードをこなしてから実施するのが良いと思います。

さて、以上が各種ANAカードの新規入会キャンペーンで貯めるだけでも30万ANAマイルという、大きな額になります。

クレジットカードの決済で貯める

旧型陸マイラーの定番、クレジットカードの決済高でもらえるマイルです。 獲得目安3万ANAマイル

これは、とにかく還元率が良いカードの保有が重要です。
上でも書きましたが、ANAワイドゴールドカード(Visa)が、還元率1.5%であること、
また、ハードな陸マイラーのソラチカレートを使えば、最大1.7%還元になります。

一般の家庭として、年間200万円を決済に使用し、1.5%のマイルを獲得すると、30,000ANAマイルです。

上のキャンペーンで獲得するマイルとの合わせ技として活用しましょう。

関連情報:無料旅行の方法を解説
年間30万ANAマイル稼ぐ方法は時給千円、16万マイルなら時給1万円に

Have a nice time !!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする